FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジマッチ ラウンド2

サキ「ナツ〜いい調子じゃーん♡相手の顔腫れあがってるよ〜。相当いいパンチいれたんだね♡」

コーナーでサキにマウスピースをくわえさせてもらう。

ナツ「でしょでしょ♫ みててっ!次はマウスピースふっとばしてやるから!そしてあたしがチャンピオンになってみせるよ!」

ノーダメージで1ラウンドを終えた私は意気揚々とグローブを打ち鳴らす。

一方ユリはとういと、ずっとコーナーでうつむき気味。効いてる証拠かな?

さぁ、第2ラウンド!このまま一気にノックアウトだっ!!

「カーーーーン!!!」

ナツ「またジャブで追い詰めて、アッパーで、、、!!」

同じ手口で追い込もうとジャブの射程距離内に近づくと、、、

ナツ「あぐっっっっ!?!?」

ユリのショートアッパーがあたしのアゴをかすめた。

ナツ「あぶな、、、あっ、、あふ、、、あれ、、、」

ユリ「あはっ♫フラフラでしょ??」

目の前がボヤける。
パンチはカスッた程度なのに、、、
足にも腕にも力が入らない。

実況「あっとー!!ナツ選手!!ユリ選手のアッパーで脳が揺れたかー?!動きが鈍くなっているー!!」

そういうこと!?
実況でようやく自分の身に何が起こったか理解した。

ユリ「さぁて♫正気に戻らないうちにグロッキーにしてあげる♡」

そういうとユリはあたしの頬に左右のフックを連打してきた!

ナツ「くっ、、くるっ、、、ガード、、あがらないっ、、ぶほぉ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!」

実況「あぶないっ!!ナツ選手あぶないっ!!ナツ選手の顔が右へ左へ弾かれるぅー!!唾液と汗の飛沫がリングに舞っています!!」

ユリ「ほらほら!さっきの勢いはどうしたの?!フック!フック!フック!どう?ボクシンググローブで頬をつぶされる感触は♫マウスピースがだんだんズレてくるでしょ?!フック!フック!フック!」

ナツ「ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!こ、、こんなの、、まだまだ、、ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ボクシング、、だもん、、ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!倒れなきゃ、、、ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!まけ、、ない、、ぶへぇ!ぶほぉ!ぶはぁ!」

サキ「ナツっ!ガードして!ガードガード!!」
サキがタオルを握りしめながらガードの指示をだす。

ナツ「ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!サキ、、ガード、、あがらない、、ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!やば、、マウスピース、、ぶっとぶ、、ぶほぉ!ぶへぇ!!」

実況「ナツ選手あぶないっ!マウスピースが口からこんもりはみ出てしまっています!!パンチをもらいすぎです!!ありえないほどのラッシュをモロにもらい、目が上ずってきているぞー!!」

ユリ「あたしがコーナーで休んでるときっ!!ずっとどうやってノックアウトしようか考えてたんだよっ!!結果、公衆の面前で!!徹底的にグロッキーにしてやろうって決めたのさ!!」

ナツ「ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!これが、、、ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶはぁ!ち、、チャンプのフック、、、ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!すご、、ぶほぉ!ぶひぃ!効っく、、、ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!」

実況「ナツ選手棒立ち!!危険すぎる!!サンドバッグ状態です!!レフェリーまだ止めない!!レフェリーまだ止めませんっ!!」


ナツ「ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!」

実況「ナツ選手ひたすらパンチに耐えるが!!目から闘争心が消えている!!なおもフックがナツ選手の頬を貫く!!これがボクシングなのかっ!!」

実況が騒いでる最中、ユリが急にフックの連打を止めた。
私は倒れるようにコーナーに背をあずけ、ロープに両腕をかけて内股でなんとか立っている。

ナツ「ぶっ、、ぶほぉ、、、、」

顔はパンパンに腫れあがり、頬が腫れすぎて口がタコのようになっている。マウスピースはかろうじて口からこぼれていない。

サキ「ナツぅ!!お仕事よりボコボコだよぉ!!そんなにパンチもらい続けたら、、、新しい境地に目覚めちゃうよぉ?!♡」

コーナーのすぐ後ろにはサキが心配そうに、、、心配なのかな、、、?

ユリ「さぁてナツ選手♫次は失禁させたげよっか?それともご自慢の腹筋ぶっつぶしてゲロでも吐いとく??」

ナツ「ぶほぉ、、、まだ、、こんなもんじゃ、、ダウンしないよ、、、ボクシングでしょ?、、、うってきなよ、、」

あたしはゆっくりとファイティングポーズをとる。

次のラウンドまで立ってられるかな、、、

to be countinue...

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

いただきものっ!②

まさかまさかの頂き物Part②!!

今度はサキさんを描いて頂きました!!

色っぽいですね〜♡
何となくMっぽそうな、、パンチされたら変態発揮しそうな雰囲気もにじみでてます 笑

ナツに比べて少し大人っぽい雰囲気もたまりませんね 笑

本当に感謝です!!
私も気合入れて妄想活動に励まねば!!笑

リベンジマッチ ラウンド1

こんにちは!ナツです!

今日はボクプレを飛び出して、マジメにボクシングの試合です!
なんと相手は以前ボコボコに叩きのめされたボクシング王者ユリ選手!

ボクプレの皆も応援に来てくれてますっ
前回のかりを返すべく、必ずKO勝ちしてみせますっ!!

ナツ「今度は絶対に負けないから応援してねっ!ボッコボコにしてマウスピース吐かせて顔パンパンに腫らせてやる!!」

自分のコーナーでグローブを打ち鳴らし気合を入れる。

サキ「気合十分なのはいいけど、自分がそうならないでよ?明日もお仕事あるんだから♡危なくなったらタオル投げるからねっ」

セコンドのサキが少し間違った心配の声をあげる。


いよいよリング中央で王者ユリとの対面。
ボクシングを始めたばかりで挑み、全身フルボッコされた記憶が蘇る。

ナツ「今日は絶対負けませんよ。たくさん練習(プレイ的な)してきたんですから。」

ユリを睨みつける。

ユリ「あの頃よりは少しムキムキになったみたいね?殴りがいが増したわ。」


カチーン、、、

今に見てろよ、、、

「カーーーーン!!」

いよいよゴングがなる。

ナツ「一気に叩きのめす、、、!!」

私はゴングが鳴って早々にユリにジャブを連打する。

ユリ「んっ!くっ!?ぶっ!!ぶっ!!ぶっ!!なかなか速いね、、ぶぅぅっ!?」

あたしのパンチはユリの頬に2、3発突き刺さり、ユリの顔が少し歪む。

実況「先攻は挑戦者ナツ選手!王者の顔を捕らえました!!前回とは違うというところを王者に見せつけたかー!?」


ナツ「たくさん練習したっていったでしょ?ボコられてリング上で失禁までさせられた借りは返させてもらうよ!!」

あたしは手を休めずにジャブを連打する。

ユリ「ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!パンチが少し重くなってる、、、ぶっ!ぶっ!これはあんまりもらうと、、ぶっ!ぶっ!まずいかな、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!」

ナツ「そう言うわりに避けられてないですよ!?もしかしてジャブが速くて避けられないんじゃないですか!?」

ユリ「ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!なめないでよっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!くっ、、パンチが重くて、、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!マウスピースずれてきちゃう、、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!こんなのまだ効いてこないけど、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶふっ、、シツコイなぁ、、!!こんなの避けようと思えば、、、」

ユリがジャブから逃げようと、姿勢を低くしてあたしのふとろこに入り込んできた。

ユリ「これならジャブもらわな、、あぶぅぅぅぅ!?!?!?」

あたしはユリの顔を刈り取るようなショートアッパーをアゴに叩き込んだ。

実況「ナツ選手ナイスアッパー!!ユリ選手の顔が打ち上げられたー!!これは効いたか!?

ナツ「どう?効いたでしょ?!これを待ってたんだよ!」

ふらついたユリの顔面にストレートを叩き込む

ユリ「ぶっふぅぅぅぅ!!!!」

実況「ストレートがモロにはいったぁ!!これは効いたはず!!ユリ選手あぶないっ!!ナツ選手のストレートが次々と突き刺さる!!女子ボクシングとは思えないパンチの応酬!!王者あぶないっ!!」

ユリ「あぶぅ!!ぶほぉ!!ぶへぇ!!ぶほぉ!!ぶへぇ!!ぶはぁ!!あぶぅ!!ぶひぃ!!、、効いてない、、ぶひぃ!ぶひぃ!ぶひぃ!、、ぶはぁ!」

「カーーーーン!!!」

第1ラウンドのゴングがなった。

レフェリーが素早くユリとあたしの間を引き離す。

ナツ「いけるっ、、、!!これは絶対に効いてる!!」

確かな手応えを感じつつ、コーナーに戻る私。

ユリはマウスピースを口からはみ出したまま、フラフラとおぼつかない足で自分のコーナーに戻っていく。

これ、、、あたしマジでいけるんじゃない!?

to be countinue...

いただきものっ!!



とある方にナツを描いて頂きました!!
奇跡のいただきものです!

いやー完成した絵を見たときは凄すぎて笑いました 笑

最近ナツばっかり元気にボコされてるので、次は別の子をと思ってたのですが...これ見たら...ねぇ?笑
こんなナツに「ボクシングしよっ♡」って言われたら...ねぇ?笑

妄想広がります!

本当にありがとうございましたー!!



ドMの練習ラウンド2

ゆーた「さくらお姉ちゃんどう?俺のジャブ!効く?!ジャブ効く?!ジャブジャブジャブジャブジャブ!!!」

さくら「ぶっ!ぶっ!ぶっ!効く!...ジャブぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!やば...ジャブだけで...ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ダウンとられる..
ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!」

ゆーたのグローブがさくらちゃんの頬に放たれるたびに、さくらちゃんの頬が盛り上がり、唾液がリングに飛ぶ。

ゆーた「効いてるねっ!それでもボクシング全国いったの?今やドMボクシング嬢だよ?俺のグローブ濡れまくってるし♡やられっぷりがエッチすぎてちんぽ勃起する♡」

ゆーたは軽めにジャブを連打しながらさくらのボコられぶりに興奮しているようす。


さくら「ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ジャブすごっ...ぶっ!ぶっ!ぶっ!ジャブ強すぎっ...ぶっ!ぶっ!ぶっ!こんなちんぽ勃起させて...ぶっ!ぶっ!ぼ...ボクシングの試合中なんだよ...ぶっ!ぶふっ!ぶふっ!ちんぽ...勃起...ぶふぶひぶはぶへぶほ!!?!?」

ゆーた「淫語好きなの?♡それよりマウスピースこぼれ落ちそうだよ?ちゃんと咥えてよっ!」

バスゥゥゥ!!

ゆーたはマウスピースを押し込むようにさくらちゃんの顔面にストレートをねじ込んだ

さくら「あぶふぅぅ!?!?」

ゆーた「ほらっ!ほらっ!ほらっ!マウスピースこぼれるっ!ちゃんと咥えてっ!ボクシングだよっ!マウスピースしないとっ!ほらっ!ほらっ!」

バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!

次々とストレートを顔面に叩き込み、さくらちゃんは打たれるたびにロープに体が押し込まれ、リング外に顔を吹き飛ばされそうになる

さくら「あぶふぅぅ!はぶぅぅ!ぶほぉぉぉ!ぶふぅぅぅ!おぶぅぅ!は、鼻が...ぶふぅぅぅ!ぶふぅぅぅ!ぶふぅぅぅ!やめ..」

ゆーた「ほらっ!ほらっ!ほらっ!鼻つぶれるよ!鼻血でそうだねっ!ほらっ!ほらっ!」

バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!

さくら「あぶふぅぅ!はぶぅぅ!ぶほぉぉぉ!ぶふぅぅぅ!はな..ぶほぉぉぉ!ぶふぅぅぅ!ぶひぃぃぃ!ぶふぅぅぅ!ぶしゅっ!!!」

さくらちゃんの鼻からぶしゅっ!と鼻血が飛んだ。
そりゃあんなにストレートもらい放題なら当然だ...

サキ「さくら選手あぶないっ♡これはスタンディングダウンかなー??♡」

意地悪くサキがさくらを煽る。

さくら「ぶっふぅ...まだ、負けてな...」

バス!バスゥゥゥ!!

さくら「ぶっ!!ぶふぅ!!」

ダウン拒否を宣言しようとしたさくらちゃんの頬にゆーたが容赦なく左右のフックを叩き込んだ。

ゆーた「まだまだ!フックフック!!もっともっと!!フックフック!!アッパー!!ボクシングしよぅよっ♡フックフックフック!!」

さくら「ぶっふぅ!ぶほっ!効くっ♡ぶほっ!ぶほっ!すごっ♡ぶほっ!ぶほっ!男ボクサーパンチすごっ♡ぶふぅ!ぶふぅ!パンチたくましぃ♡ぶほっ!ぶほっ!ぶほっ!ちんぽパンチ♡ぶふぅ!ぶふぅ!勃起パンチ効くっ♡ぶふぅ!ぶふぅ!ぶふぅ!やばっ♡これすごすぎるっ♡ぶほっ!あぶっ!もうノックアウトっ♡ぶほっ!あぶっ!ぶひっ!」

さくらちゃんのネジが完全に飛んだっ?!
目がハートになってるし...マウスピースからヨダレが垂れてるし...パンチをもらうたびに唾液なんだかヨダレなんだか、色々しぶきを上げてリングに飛散するしてる。

ゆーた「どMボクサーの完成だねっ♡フック!フック!ほらっ!ほらっ!ジャブフックアッパー!ほらほらほらほらー!!!ジャブジャブワンツー!フック!アッパー!フック!アッパー!ボディ!アッパー!!アッパー!アッパー!アッパー!」

さくら「ぶっふぅ♡ボクサーパンチきくっ♡ぶふぅ!ぶほっ!ぶひっ!すごっ♡あぶぅっ!ぶはっ!クリちんぽ勃起してるっ♡ぶほっ!ぶひっ!ぶはっ!ぶひっ!パンチ効くっ♡ぶはっ!ダウンしてるっ♡ぶはっ!ぶほっ!もうノックアウトとって!♡ぶひっ♡イクッ♡ボクサーのパンチでイクッ♡ぶはっぶはっ!!すごっ♡これすごぃっ♡ぶはっぶはっぶはっ!!容赦なぃっ♡イクッ♡イクッ♡イクッ♡あぶぅうう!!!♡♡♡」

ゆーた「俺もイクッ♡射精パンチくらえっ!!」

ビュルっ♡ビューっ♡ビュルルルっ♡ビュービュー!!♡

ゆーたのでかちんぽから勢いよく射精し、さくらちゃんの頬を犯しまくる。

さくら「んぶぅぅぅ♡あぶぅぅ!!射精パンチ効くっ♡ぶはっ♡...す...すご♡」

最後の射精パンチでマウスピースを吐き出したさくらちゃん。

サキ「だ、ダウンダウンっ!!ゆーたくんストップ!さくらちゃんロープダウンだよっ!」

サキが慌てて試合を止める。

「エロくパンチをもらえますよっ」なんて言ってたさくらちゃんの顔は無残に腫れ上がり白く汚されていた。

でもエロくは、確かに...♡笑



まるでエクササイズ通いのお姉さんが世界チャンピオンと戦ったような試合だった。
さくらちゃんは失禁したかのように愛液をリングに垂れ流し、コーナーにもたれて内股でなんとかたっている。


ゆーた「もう終わり??まだボクシングしたぃなぁ♡」

えっ?!まだ?!

to be continue...?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。