FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジマッチ ラウンド2

サキ「ナツ〜いい調子じゃーん♡相手の顔腫れあがってるよ〜。相当いいパンチいれたんだね♡」

コーナーでサキにマウスピースをくわえさせてもらう。

ナツ「でしょでしょ♫ みててっ!次はマウスピースふっとばしてやるから!そしてあたしがチャンピオンになってみせるよ!」

ノーダメージで1ラウンドを終えた私は意気揚々とグローブを打ち鳴らす。

一方ユリはとういと、ずっとコーナーでうつむき気味。効いてる証拠かな?

さぁ、第2ラウンド!このまま一気にノックアウトだっ!!

「カーーーーン!!!」

ナツ「またジャブで追い詰めて、アッパーで、、、!!」

同じ手口で追い込もうとジャブの射程距離内に近づくと、、、

ナツ「あぐっっっっ!?!?」

ユリのショートアッパーがあたしのアゴをかすめた。

ナツ「あぶな、、、あっ、、あふ、、、あれ、、、」

ユリ「あはっ♫フラフラでしょ??」

目の前がボヤける。
パンチはカスッた程度なのに、、、
足にも腕にも力が入らない。

実況「あっとー!!ナツ選手!!ユリ選手のアッパーで脳が揺れたかー?!動きが鈍くなっているー!!」

そういうこと!?
実況でようやく自分の身に何が起こったか理解した。

ユリ「さぁて♫正気に戻らないうちにグロッキーにしてあげる♡」

そういうとユリはあたしの頬に左右のフックを連打してきた!

ナツ「くっ、、くるっ、、、ガード、、あがらないっ、、ぶほぉ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!」

実況「あぶないっ!!ナツ選手あぶないっ!!ナツ選手の顔が右へ左へ弾かれるぅー!!唾液と汗の飛沫がリングに舞っています!!」

ユリ「ほらほら!さっきの勢いはどうしたの?!フック!フック!フック!どう?ボクシンググローブで頬をつぶされる感触は♫マウスピースがだんだんズレてくるでしょ?!フック!フック!フック!」

ナツ「ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!こ、、こんなの、、まだまだ、、ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ボクシング、、だもん、、ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!倒れなきゃ、、、ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!まけ、、ない、、ぶへぇ!ぶほぉ!ぶはぁ!」

サキ「ナツっ!ガードして!ガードガード!!」
サキがタオルを握りしめながらガードの指示をだす。

ナツ「ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!サキ、、ガード、、あがらない、、ぶはぁ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶほぉ!やば、、マウスピース、、ぶっとぶ、、ぶほぉ!ぶへぇ!!」

実況「ナツ選手あぶないっ!マウスピースが口からこんもりはみ出てしまっています!!パンチをもらいすぎです!!ありえないほどのラッシュをモロにもらい、目が上ずってきているぞー!!」

ユリ「あたしがコーナーで休んでるときっ!!ずっとどうやってノックアウトしようか考えてたんだよっ!!結果、公衆の面前で!!徹底的にグロッキーにしてやろうって決めたのさ!!」

ナツ「ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!これが、、、ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶはぁ!ち、、チャンプのフック、、、ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!すご、、ぶほぉ!ぶひぃ!効っく、、、ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!」

実況「ナツ選手棒立ち!!危険すぎる!!サンドバッグ状態です!!レフェリーまだ止めない!!レフェリーまだ止めませんっ!!」


ナツ「ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶはぁ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶへぇ!ぶほぉ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶひぃ!ぶほぉ!」

実況「ナツ選手ひたすらパンチに耐えるが!!目から闘争心が消えている!!なおもフックがナツ選手の頬を貫く!!これがボクシングなのかっ!!」

実況が騒いでる最中、ユリが急にフックの連打を止めた。
私は倒れるようにコーナーに背をあずけ、ロープに両腕をかけて内股でなんとか立っている。

ナツ「ぶっ、、ぶほぉ、、、、」

顔はパンパンに腫れあがり、頬が腫れすぎて口がタコのようになっている。マウスピースはかろうじて口からこぼれていない。

サキ「ナツぅ!!お仕事よりボコボコだよぉ!!そんなにパンチもらい続けたら、、、新しい境地に目覚めちゃうよぉ?!♡」

コーナーのすぐ後ろにはサキが心配そうに、、、心配なのかな、、、?

ユリ「さぁてナツ選手♫次は失禁させたげよっか?それともご自慢の腹筋ぶっつぶしてゲロでも吐いとく??」

ナツ「ぶほぉ、、、まだ、、こんなもんじゃ、、ダウンしないよ、、、ボクシングでしょ?、、、うってきなよ、、」

あたしはゆっくりとファイティングポーズをとる。

次のラウンドまで立ってられるかな、、、

to be countinue...

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

ドMの練習ラウンド1

こんにちは!ナツです!

スーパードSボクサーさくらちゃんがメンバーに加わった翌日のことです。

サキ「さぁ、さくらちゃん。準備できた??いくらさくらちゃんがボクシングうまいからって、誰でもかれでもボコボコにしてればいい、、、っていうわけじゃないからねっ♡」


そう、ご存知の通りウチはボクシングプレイ専門店。お店はドMな方からドSな方まで様々だ。
自分自身ドMっぷりを発揮しなければいけない時が必ずある。

さくら「サキさんまかせてくださいよ〜♡もちろんあたし、パンチ受けても良いボクサーですよ♡顔も腫れるし唾液も飛ばすしマウスピースだってエロく吐きだしますよ♡...でもそうそうにダウンはしませんから♡それで、今日のお相手はサキさんなの??それとも昨日あたしに失禁するまでサンドバックにされてよがってたドM女子ボクサーのナツ選手??」

ナツ「なっっ?!」

うっさい!!
っていう怒りの気持ちと、ちょっとドキドキする気持ちと半々...。
いけない、サキの変態ボクシング性癖がうつってきたのかも。

サキ「ざーんねん!今日は本番を想定して、男性が対戦相手だよ!特別ゲストをお呼びしましたー!」


うちの店に呼ぶような男性特別ゲストというと、、、
まさかっ?!

ゆうた「僕が相手だよー!」

サキ「ドM女ボクサーの弟!ゆうたくんでーす!」

ゆうたが赤いボクシンググローブとシューズのみ、あとは全裸の格好でリングインしてきた。


ナツ「サキぃ!」

あたしはすぐさまサキの仕業と見抜き、サキを睨みつけるが、サキは知らん顔でニコニコしている。

さくら「へぇ〜。ナツさん、弟くんいるんですねー。ってか弟くんちんぽデカくない、、、?」

まだ勃起せずとも20センチ近間ありそうなゆうたのちんぽから、さくらちゃんは目を離せずにいる。

そう、そうなんだよ。
でかいよね、我が弟ながら。

サキ「それじゃさっそく試合開始しよっか!いーいさくらちゃん?今日は攻めなし!パンチをもらうのみ!あと危ないから一回でもダウンしたら試合止めるからね!」

さくら「分かってますよー。まぁあたしがダウンなんてありえないけど...」

ゴング!カーーン!!!

さくら「ほらゆーたくん?あたしいくらパンチ受けても平気だよ?ここにたくさんパンチしてごらん?」

さくらちゃんはゆーたを挑発するように自分の頬を突きだし、自分の頬にグローブをチョンチョンとパンチしてみせる。

ゆうた「そんな余裕でいいの??それじゃ遠慮なく、、、!!」

パパパパパパパーーーーーン!!!!!!!

ゆうたは目にも止まらないスピードでさくらちゃんの頬に高速ジャブを猛連打した。

さくら「ぶぶぶぶぶぶぶぶぅぅぅぅぅ?!?!?!」

ナツ「あれはっ?!」

なんか見たことある高速ジャブ!

サキ「見たことある...って思ったでしょ?あたしのジャブでしたー♪ゆうたくんがボクシング強くなりたいって言ったから教えちゃった♡」

さくら「ぶはっ...はぁ、、はぁ、、何今のジャブ、結構効いたんだけど、、ぶはぶほぶふぶへぶひぶふぶぼぉ!?!?!?!」

パパパパパパパーーーーーン!!!!!

ゆうたは容赦なく話し中のさくらちゃんにジャブを叩き込んだ。

ゆうた「お姉ちゃんの顔の歪みっぷり、、ゾクゾクするね♡もっとたくさんパンチ打ち込みたくなっちゃうなぁ...」

ゆうたの目つきが変わった?!
なんだかいやらしぃ目つきに...
ちんぽも勃起してるし...サキ、なんか別なことまで教えただろー!?

to be countine...

奇跡の更新

まさかまだ更新するとは、、、

いや、したかったんですよ。
ココロの中では。

ただニッチな世界観なので妄想の幅に限界を感じてました。

でも違いますね。

ボクシング=無限大の可能性


ゆっくりにもほどがありますが、応援してくださってる皆様に、少しでもいい気分になってもらえるよう、ダラダラと気が向いたらそのうち更新します。

やる気あんのか。ボクシングフェチ舐めんな。

というかた。

情熱わけてくださいOTL

膨らまない


いやーネタが膨らまない。。。

最近妄想力が弱ってきているんだろうか。
サキと勇太の試合なんてボツ作品で公表するに至らない気がしますが
ずっっっっと更新してなかったんで、生きてますよアピールということで。


後半も「それで終りかぃっ!!」って感じに終わらせてしまったし orz


でもいまいちマンネリな展開しか想像できず、ダメでした。。。


文章だけではダメなんだろうか。
今度は版権とかやっちゃおうかね。。。

もしくはまた絵でも書いてみるとか。


んー!!ガンバル!!

弟ボクシング ROUND2

サキ「ほら勇太くんっ、ボクシングボクシングっ♪」

バスバスガス!!バスバス!!バシ!!ビシ!!バスバス!!

勇太「ぶっ!!んぶっ!!ぶっ!!ぶっ!!ぶぅ!!ぶぶ!!ぶぅ!!う・・打たれすぎて・・ぶぅぅ!!ぶっ!!おかしくなっちゃぶぅ!!ぶっ!!ぶぶぶ!!」

ビュルゥ!!ビュッ!!ビュッ!!ビュゥゥゥ!!ビュク!!


ナツ「サキ、ロープダウンだよ。勇太ノーガードでモロパンチもらいすぎてるから」

サキの軽いジャブとは言えど、その手数を多さたるや。
勇太は顔面を弾かれまくり、足が痙攣し始め、まだ射精がとまらない。


サキ「えー?これからがいいとこなんじゃん。ねー勇太くっ!」

サキは手を止めることはなく、再び勇太の割れた腹筋に
ボディの連打を叩き込んだ。

ドズン!!ドドドドドドドドドドドドドドドド・・・!!!!!!

勇太「おぶっ!!ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ・・・・!!!!!!!」

ビュクッ!!ビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!


勇太はついに白目をむき、放水のような量の精液を発射した。
割れた腹筋は青痣だらけでグローブの後が残り、ビクンビクンと痙攣している

精液はレフリーしていたあたしの顔までかかった。


ナツ「んぶ。。。ちょっとサキ!いい加減サンドバックにしすぎ!勇太グロッキーだってば!」


サキ「あ、ごめん。ついつい♪」

バスボスドス!!ドムドムドムドム!!バシィ!!

勇太「ぶっ!?ぶぶ!!ぶふゅ!!のっく・・あうと・・・ぶぅぅ!!ぶぶ!!ぶっ!!」


ナツ「だからやめろって言ってんじゃん!!」


ドスゥ!!!


サキ「おぶぅぅっ!?」


あまりにしつこいサキを止めるため、思わずあたしのボディブローで
サキの腹筋を貫いてしまった。

クリーンヒットしたのか、サキはマウスピースを吐き出しダウン。
勇太もズルズルとコーナーでダウンしてしまった。


あ、レフリーなのに・・・やっちゃった。
2人ともダウンしてるし、どーしよ?スタッフに見られたらやばいかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。