FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギャルボクサー ROUND3

サキ「ナツ~、大丈夫大丈夫♪お客さん絶対よろこぶから。」

サキはまだボコボコ気味のルミをお客に出したいようだ。

ナツ「サキさぁ、さすがにこの後男性客とボクシングしたらまずいよぉ。ルミちゃん再起不能になっちゃうよ?」

ルミは回復してきたものの、まだコーナーを背にギリギリ立っている様子。

サキ「ん~~。じゃぁしょうがない。今日は新人研修日ということで!最後あたしとボクシングして終わろう♪」

ナツ「え・・・。それもどうかと・・・。」

たしかにサキのパンチはそれほど重くはないけど、今のルミにはどうだろう??

ルミ「ぶっ・・・。いいですよサキさん。やりましょう。あたしもこのままサンドバックじゃ気が済まないです。」

なんとかファイティングポーズを取るルミ。
ギリギリだけど・・・。まぁ本人がいいならいっか。

サキ「やった♪じゃぁあたしもリングインっ♪」

ナツ「あんまし熱くなんないでよ?」
2人に言ったつもりだが2人とも分かってんだろうか。


カーーーン!!!

あたしはゴングを鳴らした。

サキ「ほらルミちゃん。先打ってきなよ♪あたしにボコられて元気なくなる前にさ♪」

ルミ「・・!! カチンときました。いくよ!!ジャブ!!」

ルミは素早いジャブを繰り出す。
怒ったせいかあたしのときよりキレがいい。

サキ「ぶっ!!」

ルミ「ジャブ!!」

サキ「ぶっ!!」

ルミ「ジャブジャブ!!」

サキ「ぶっ!!ぶふっ!!」

ルミ「ジャブジャブ!!ジャブジャブジャブ!!ジャブジャブジャブジャブ!!!!」

サキ「ぶっ!!ぶっ!!ぶっ!!ぶふっ!!ぶっ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ぶっ!!」

ナツ「サキもらいすぎ。ガードしないと。」

ルミ「どんどんパンチが当たる・・・。サキさんの頬がつぶれる感触が伝わってきますよ!ほらジャブジャブ!!ジャブジャブジャブ!!ジャブジャブジャブジャブジャブジャブ!!!!!!」

サキ「ぶっ!ぶっ!!ぶっ!!ぶっ!!ガード・・しないよ・・・ぶふっ!!あぶっ!!ぶぅ!!ぶっ!!ぶふっ!!ぶぅ!!あぶ!!ぶぅ!!もらって・・あげて・・ぶは!!あぶぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ぶっふ!!」

ナツ「サキさん!?ガードガード!!もらいすぎ!!ガードして!」

次々にルミのジャブがサキの左右の頬にめり込み、グローブがめり込むたびにタコのような口から唾液を飛ばす。

ルミ「ジャブジャブ!!ジャブジャブジャブ!!あはは♪ジャブだけでKOできそう!ジャブジャブジャブジャブジャブ!!!」

ルミは調子に乗ってジャブを連打しまくる。

サキ「ぶふ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ぶは!!あぶ!!ぶぅ!!ぶふ!!ガ・・ガードしない・・ぶぅ!!ぶぅ!!効く・・ぶっふ!!ぶぅ!!ルミちゃんいいパンチもってる・・ぶふぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!な・・いすジャブだよ・・ぶぅ!!ぶふ!!ぶぅ!!頬つぶれまくる・・ぶぅぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!」

ナツ「サキ!ガードしてぇ!!なにドMモード入ってんの!?ガード!!これじゃスタンディングダウン状態だよ!!」

サキ「ぶふ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!どんどんパンチくる・・・ぶぅ!!ぶぅ!!ぶふ!!ダメ・・ぶぅ!!こんなの・・・ぶふ!!ぶぅ!!ぶぅ!!容赦なさすぎ・・ぶぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!・・・ま・・まだくる・・ぶぅ!!ぶぅ!!ぶふ!!ぶふ!!ぶぅ!!ジャブだけで・・ぶっふ!!ぶぅ!!」

パンチのもらいすぎでサキの下半身が痙攣し始め、足も内またになってきたが、何とかその場を動かないで耐えている。
顔だけが次々とねじ込まれるパンチに弾き飛ばされている。

サキ「ぶふぅ!!ぶぅ!!あぶ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ちょっと・・もらいすぎてる・・かな?ぶふぅ!!ぶぅ!!ぶぅ!!ぶふっ!!」

ナツ「もらいすぎだよ!!マウスピース口からはみでてるし・・・口もブルブル痙攣しているし・・・。」

完全にドMモードのサキさん。
ルミもさっきボコボコにされてた分、サキをサンドバックにするのが気分よくなってるみたいだ。

サキぃ!ガードしてぇ!!


to be continue ?






スポンサーサイト
[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。