FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺客 ラウンド4

ドSボクサーのラッシュはまだやまない。

さくら「はぁっ!はぁっ!ほらほら!割れた腹筋がどんどん潰されますよ!」

すごいパンチの手数に息すらままならない、、、
マウスピースが口からはみ出し、パンチをもらうたびに唾液が口元から噴き出す。

ナツ「ぶほっ!!ぶほっ!!やめ、、唾液が、、ぶほっ!!ぶほっ!!は、、はく、、ぶほぉぉ!!」


さくら「ナツさん!マウスピースでそう!ほらジャブだけで飛ばされそうだよ!」

そういうとあたしの頬にジャブの連打を叩き込む。

ナツ「ぶっ!!ぶっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!マウスピース、、ぶぅっ!ぶぅっ!ぶっ!!、、あぶ、、ぼ、、ボクシングで、、マウスピース、、ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!で、、でる、、ぶっ!ぶぅっ!ぶひゅっ!!」

宣言どおり、軽いジャブに押しつぶされ、マウスピースが口元から飛び出した。

さくら「わっ♡なんかエッチですね今の♡もう一回!」

そういうとリングに転がった唾液まみれのマウスピースを拾い、あたしの口に無理矢理つっこんだ。

ナツ「ぶっ、、むぐ、、ぶは、、は、、」

さくら「次はー、、フック!!」

さくらちゃんのフックがあたしの頬にズシンと突き刺さる

ナツ「ぶぶぅぅ!!、、、ぶ、、ぶぇ、、、ぇ、、」

フックは突き刺さったまま離されることはなく、あたしの頬を押しつぶし、タコのように醜く歪んだあたしの口から、またマウスピースが顔をだした。

さくら「えっちぃー♡マウスピースフェチになっちゃいそーですよ?」

ナツ「ぶぉ、、ぉ、、ぇ、、」

あたしはグローブをグリグリと押しこまれ、首をふり返すこともできずに、マウスピースを口からはみ出しつづける。

さくら「さすがにもうダメかな??これでKOしてあげますね!」

そういうと、さくらちゃんは私のフトコロに入り込み、アッパーをアゴに炸裂させた。

ナツ「ぶはぁぁぁ!!!」

あたしは真っ白なマウスピースを射精するかのように勢いよく吐き出し、それはリング外に唾液を撒き散らせながら落ちていった。

ナツ「あぶ、、ぶっは、、、」

ガラクタ人形のようにロープにぶつかりながらダウン。ボクサーとして屈辱的なダウンだ、、、

サキ「な、、ナツぅぅ!!!、、、マウスピース、、、吐きっぷりが、、、エロすぎるよぉ!」

サキはあたしのヤラレっぷりに大興奮の様子。
つくづく変態だねあなたは、、、

さくら「さてー!カウントするまでもないでしょ?ナツさん!あたしどう?この店やっていけるかなあ??」

顔が腫れまくって返事ができない、、、
てか入る気あったんかい、、、
道場やぶりかなんかかと思ったよ。

サキ「さくらちゃん!ぜひよろしくね♪ドMなお客さんしか相手にできないかもだねー!」

さくら「サキさんありがとうございます♡でもあたしパンチもらっても平気ですよ??今度はMな姿もおみせしちゃいます♡」

そのときのS役は是非あたしに、、、

言いたかったけど言えずに、そのままリングに放置された。


END

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。