FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジマッチ ラウンド1

こんにちは!ナツです!

今日はボクプレを飛び出して、マジメにボクシングの試合です!
なんと相手は以前ボコボコに叩きのめされたボクシング王者ユリ選手!

ボクプレの皆も応援に来てくれてますっ
前回のかりを返すべく、必ずKO勝ちしてみせますっ!!

ナツ「今度は絶対に負けないから応援してねっ!ボッコボコにしてマウスピース吐かせて顔パンパンに腫らせてやる!!」

自分のコーナーでグローブを打ち鳴らし気合を入れる。

サキ「気合十分なのはいいけど、自分がそうならないでよ?明日もお仕事あるんだから♡危なくなったらタオル投げるからねっ」

セコンドのサキが少し間違った心配の声をあげる。


いよいよリング中央で王者ユリとの対面。
ボクシングを始めたばかりで挑み、全身フルボッコされた記憶が蘇る。

ナツ「今日は絶対負けませんよ。たくさん練習(プレイ的な)してきたんですから。」

ユリを睨みつける。

ユリ「あの頃よりは少しムキムキになったみたいね?殴りがいが増したわ。」


カチーン、、、

今に見てろよ、、、

「カーーーーン!!」

いよいよゴングがなる。

ナツ「一気に叩きのめす、、、!!」

私はゴングが鳴って早々にユリにジャブを連打する。

ユリ「んっ!くっ!?ぶっ!!ぶっ!!ぶっ!!なかなか速いね、、ぶぅぅっ!?」

あたしのパンチはユリの頬に2、3発突き刺さり、ユリの顔が少し歪む。

実況「先攻は挑戦者ナツ選手!王者の顔を捕らえました!!前回とは違うというところを王者に見せつけたかー!?」


ナツ「たくさん練習したっていったでしょ?ボコられてリング上で失禁までさせられた借りは返させてもらうよ!!」

あたしは手を休めずにジャブを連打する。

ユリ「ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!パンチが少し重くなってる、、、ぶっ!ぶっ!これはあんまりもらうと、、ぶっ!ぶっ!まずいかな、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!」

ナツ「そう言うわりに避けられてないですよ!?もしかしてジャブが速くて避けられないんじゃないですか!?」

ユリ「ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!なめないでよっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!くっ、、パンチが重くて、、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!マウスピースずれてきちゃう、、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!こんなのまだ効いてこないけど、、ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶふっ、、シツコイなぁ、、!!こんなの避けようと思えば、、、」

ユリがジャブから逃げようと、姿勢を低くしてあたしのふとろこに入り込んできた。

ユリ「これならジャブもらわな、、あぶぅぅぅぅ!?!?!?」

あたしはユリの顔を刈り取るようなショートアッパーをアゴに叩き込んだ。

実況「ナツ選手ナイスアッパー!!ユリ選手の顔が打ち上げられたー!!これは効いたか!?

ナツ「どう?効いたでしょ?!これを待ってたんだよ!」

ふらついたユリの顔面にストレートを叩き込む

ユリ「ぶっふぅぅぅぅ!!!!」

実況「ストレートがモロにはいったぁ!!これは効いたはず!!ユリ選手あぶないっ!!ナツ選手のストレートが次々と突き刺さる!!女子ボクシングとは思えないパンチの応酬!!王者あぶないっ!!」

ユリ「あぶぅ!!ぶほぉ!!ぶへぇ!!ぶほぉ!!ぶへぇ!!ぶはぁ!!あぶぅ!!ぶひぃ!!、、効いてない、、ぶひぃ!ぶひぃ!ぶひぃ!、、ぶはぁ!」

「カーーーーン!!!」

第1ラウンドのゴングがなった。

レフェリーが素早くユリとあたしの間を引き離す。

ナツ「いけるっ、、、!!これは絶対に効いてる!!」

確かな手応えを感じつつ、コーナーに戻る私。

ユリはマウスピースを口からはみ出したまま、フラフラとおぼつかない足で自分のコーナーに戻っていく。

これ、、、あたしマジでいけるんじゃない!?

to be countinue...

いただきものっ!!



とある方にナツを描いて頂きました!!
奇跡のいただきものです!

いやー完成した絵を見たときは凄すぎて笑いました 笑

最近ナツばっかり元気にボコされてるので、次は別の子をと思ってたのですが...これ見たら...ねぇ?笑
こんなナツに「ボクシングしよっ♡」って言われたら...ねぇ?笑

妄想広がります!

本当にありがとうございましたー!!



ドMの練習ラウンド2

ゆーた「さくらお姉ちゃんどう?俺のジャブ!効く?!ジャブ効く?!ジャブジャブジャブジャブジャブ!!!」

さくら「ぶっ!ぶっ!ぶっ!効く!...ジャブぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!やば...ジャブだけで...ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ダウンとられる..
ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!」

ゆーたのグローブがさくらちゃんの頬に放たれるたびに、さくらちゃんの頬が盛り上がり、唾液がリングに飛ぶ。

ゆーた「効いてるねっ!それでもボクシング全国いったの?今やドMボクシング嬢だよ?俺のグローブ濡れまくってるし♡やられっぷりがエッチすぎてちんぽ勃起する♡」

ゆーたは軽めにジャブを連打しながらさくらのボコられぶりに興奮しているようす。


さくら「ぶっ!ぶっ!ぶっ!ぶっ!ジャブすごっ...ぶっ!ぶっ!ぶっ!ジャブ強すぎっ...ぶっ!ぶっ!ぶっ!こんなちんぽ勃起させて...ぶっ!ぶっ!ぼ...ボクシングの試合中なんだよ...ぶっ!ぶふっ!ぶふっ!ちんぽ...勃起...ぶふぶひぶはぶへぶほ!!?!?」

ゆーた「淫語好きなの?♡それよりマウスピースこぼれ落ちそうだよ?ちゃんと咥えてよっ!」

バスゥゥゥ!!

ゆーたはマウスピースを押し込むようにさくらちゃんの顔面にストレートをねじ込んだ

さくら「あぶふぅぅ!?!?」

ゆーた「ほらっ!ほらっ!ほらっ!マウスピースこぼれるっ!ちゃんと咥えてっ!ボクシングだよっ!マウスピースしないとっ!ほらっ!ほらっ!」

バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!

次々とストレートを顔面に叩き込み、さくらちゃんは打たれるたびにロープに体が押し込まれ、リング外に顔を吹き飛ばされそうになる

さくら「あぶふぅぅ!はぶぅぅ!ぶほぉぉぉ!ぶふぅぅぅ!おぶぅぅ!は、鼻が...ぶふぅぅぅ!ぶふぅぅぅ!ぶふぅぅぅ!やめ..」

ゆーた「ほらっ!ほらっ!ほらっ!鼻つぶれるよ!鼻血でそうだねっ!ほらっ!ほらっ!」

バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!バスゥゥゥ!

さくら「あぶふぅぅ!はぶぅぅ!ぶほぉぉぉ!ぶふぅぅぅ!はな..ぶほぉぉぉ!ぶふぅぅぅ!ぶひぃぃぃ!ぶふぅぅぅ!ぶしゅっ!!!」

さくらちゃんの鼻からぶしゅっ!と鼻血が飛んだ。
そりゃあんなにストレートもらい放題なら当然だ...

サキ「さくら選手あぶないっ♡これはスタンディングダウンかなー??♡」

意地悪くサキがさくらを煽る。

さくら「ぶっふぅ...まだ、負けてな...」

バス!バスゥゥゥ!!

さくら「ぶっ!!ぶふぅ!!」

ダウン拒否を宣言しようとしたさくらちゃんの頬にゆーたが容赦なく左右のフックを叩き込んだ。

ゆーた「まだまだ!フックフック!!もっともっと!!フックフック!!アッパー!!ボクシングしよぅよっ♡フックフックフック!!」

さくら「ぶっふぅ!ぶほっ!効くっ♡ぶほっ!ぶほっ!すごっ♡ぶほっ!ぶほっ!男ボクサーパンチすごっ♡ぶふぅ!ぶふぅ!パンチたくましぃ♡ぶほっ!ぶほっ!ぶほっ!ちんぽパンチ♡ぶふぅ!ぶふぅ!勃起パンチ効くっ♡ぶふぅ!ぶふぅ!ぶふぅ!やばっ♡これすごすぎるっ♡ぶほっ!あぶっ!もうノックアウトっ♡ぶほっ!あぶっ!ぶひっ!」

さくらちゃんのネジが完全に飛んだっ?!
目がハートになってるし...マウスピースからヨダレが垂れてるし...パンチをもらうたびに唾液なんだかヨダレなんだか、色々しぶきを上げてリングに飛散するしてる。

ゆーた「どMボクサーの完成だねっ♡フック!フック!ほらっ!ほらっ!ジャブフックアッパー!ほらほらほらほらー!!!ジャブジャブワンツー!フック!アッパー!フック!アッパー!ボディ!アッパー!!アッパー!アッパー!アッパー!」

さくら「ぶっふぅ♡ボクサーパンチきくっ♡ぶふぅ!ぶほっ!ぶひっ!すごっ♡あぶぅっ!ぶはっ!クリちんぽ勃起してるっ♡ぶほっ!ぶひっ!ぶはっ!ぶひっ!パンチ効くっ♡ぶはっ!ダウンしてるっ♡ぶはっ!ぶほっ!もうノックアウトとって!♡ぶひっ♡イクッ♡ボクサーのパンチでイクッ♡ぶはっぶはっ!!すごっ♡これすごぃっ♡ぶはっぶはっぶはっ!!容赦なぃっ♡イクッ♡イクッ♡イクッ♡あぶぅうう!!!♡♡♡」

ゆーた「俺もイクッ♡射精パンチくらえっ!!」

ビュルっ♡ビューっ♡ビュルルルっ♡ビュービュー!!♡

ゆーたのでかちんぽから勢いよく射精し、さくらちゃんの頬を犯しまくる。

さくら「んぶぅぅぅ♡あぶぅぅ!!射精パンチ効くっ♡ぶはっ♡...す...すご♡」

最後の射精パンチでマウスピースを吐き出したさくらちゃん。

サキ「だ、ダウンダウンっ!!ゆーたくんストップ!さくらちゃんロープダウンだよっ!」

サキが慌てて試合を止める。

「エロくパンチをもらえますよっ」なんて言ってたさくらちゃんの顔は無残に腫れ上がり白く汚されていた。

でもエロくは、確かに...♡笑



まるでエクササイズ通いのお姉さんが世界チャンピオンと戦ったような試合だった。
さくらちゃんは失禁したかのように愛液をリングに垂れ流し、コーナーにもたれて内股でなんとかたっている。


ゆーた「もう終わり??まだボクシングしたぃなぁ♡」

えっ?!まだ?!

to be continue...?

ドMの練習ラウンド1

こんにちは!ナツです!

スーパードSボクサーさくらちゃんがメンバーに加わった翌日のことです。

サキ「さぁ、さくらちゃん。準備できた??いくらさくらちゃんがボクシングうまいからって、誰でもかれでもボコボコにしてればいい、、、っていうわけじゃないからねっ♡」


そう、ご存知の通りウチはボクシングプレイ専門店。お店はドMな方からドSな方まで様々だ。
自分自身ドMっぷりを発揮しなければいけない時が必ずある。

さくら「サキさんまかせてくださいよ〜♡もちろんあたし、パンチ受けても良いボクサーですよ♡顔も腫れるし唾液も飛ばすしマウスピースだってエロく吐きだしますよ♡...でもそうそうにダウンはしませんから♡それで、今日のお相手はサキさんなの??それとも昨日あたしに失禁するまでサンドバックにされてよがってたドM女子ボクサーのナツ選手??」

ナツ「なっっ?!」

うっさい!!
っていう怒りの気持ちと、ちょっとドキドキする気持ちと半々...。
いけない、サキの変態ボクシング性癖がうつってきたのかも。

サキ「ざーんねん!今日は本番を想定して、男性が対戦相手だよ!特別ゲストをお呼びしましたー!」


うちの店に呼ぶような男性特別ゲストというと、、、
まさかっ?!

ゆうた「僕が相手だよー!」

サキ「ドM女ボクサーの弟!ゆうたくんでーす!」

ゆうたが赤いボクシンググローブとシューズのみ、あとは全裸の格好でリングインしてきた。


ナツ「サキぃ!」

あたしはすぐさまサキの仕業と見抜き、サキを睨みつけるが、サキは知らん顔でニコニコしている。

さくら「へぇ〜。ナツさん、弟くんいるんですねー。ってか弟くんちんぽデカくない、、、?」

まだ勃起せずとも20センチ近間ありそうなゆうたのちんぽから、さくらちゃんは目を離せずにいる。

そう、そうなんだよ。
でかいよね、我が弟ながら。

サキ「それじゃさっそく試合開始しよっか!いーいさくらちゃん?今日は攻めなし!パンチをもらうのみ!あと危ないから一回でもダウンしたら試合止めるからね!」

さくら「分かってますよー。まぁあたしがダウンなんてありえないけど...」

ゴング!カーーン!!!

さくら「ほらゆーたくん?あたしいくらパンチ受けても平気だよ?ここにたくさんパンチしてごらん?」

さくらちゃんはゆーたを挑発するように自分の頬を突きだし、自分の頬にグローブをチョンチョンとパンチしてみせる。

ゆうた「そんな余裕でいいの??それじゃ遠慮なく、、、!!」

パパパパパパパーーーーーン!!!!!!!

ゆうたは目にも止まらないスピードでさくらちゃんの頬に高速ジャブを猛連打した。

さくら「ぶぶぶぶぶぶぶぶぅぅぅぅぅ?!?!?!」

ナツ「あれはっ?!」

なんか見たことある高速ジャブ!

サキ「見たことある...って思ったでしょ?あたしのジャブでしたー♪ゆうたくんがボクシング強くなりたいって言ったから教えちゃった♡」

さくら「ぶはっ...はぁ、、はぁ、、何今のジャブ、結構効いたんだけど、、ぶはぶほぶふぶへぶひぶふぶぼぉ!?!?!?!」

パパパパパパパーーーーーン!!!!!

ゆうたは容赦なく話し中のさくらちゃんにジャブを叩き込んだ。

ゆうた「お姉ちゃんの顔の歪みっぷり、、ゾクゾクするね♡もっとたくさんパンチ打ち込みたくなっちゃうなぁ...」

ゆうたの目つきが変わった?!
なんだかいやらしぃ目つきに...
ちんぽも勃起してるし...サキ、なんか別なことまで教えただろー!?

to be countine...

刺客 ラウンド4

ドSボクサーのラッシュはまだやまない。

さくら「はぁっ!はぁっ!ほらほら!割れた腹筋がどんどん潰されますよ!」

すごいパンチの手数に息すらままならない、、、
マウスピースが口からはみ出し、パンチをもらうたびに唾液が口元から噴き出す。

ナツ「ぶほっ!!ぶほっ!!やめ、、唾液が、、ぶほっ!!ぶほっ!!は、、はく、、ぶほぉぉ!!」


さくら「ナツさん!マウスピースでそう!ほらジャブだけで飛ばされそうだよ!」

そういうとあたしの頬にジャブの連打を叩き込む。

ナツ「ぶっ!!ぶっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!マウスピース、、ぶぅっ!ぶぅっ!ぶっ!!、、あぶ、、ぼ、、ボクシングで、、マウスピース、、ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!ぶぅっ!で、、でる、、ぶっ!ぶぅっ!ぶひゅっ!!」

宣言どおり、軽いジャブに押しつぶされ、マウスピースが口元から飛び出した。

さくら「わっ♡なんかエッチですね今の♡もう一回!」

そういうとリングに転がった唾液まみれのマウスピースを拾い、あたしの口に無理矢理つっこんだ。

ナツ「ぶっ、、むぐ、、ぶは、、は、、」

さくら「次はー、、フック!!」

さくらちゃんのフックがあたしの頬にズシンと突き刺さる

ナツ「ぶぶぅぅ!!、、、ぶ、、ぶぇ、、、ぇ、、」

フックは突き刺さったまま離されることはなく、あたしの頬を押しつぶし、タコのように醜く歪んだあたしの口から、またマウスピースが顔をだした。

さくら「えっちぃー♡マウスピースフェチになっちゃいそーですよ?」

ナツ「ぶぉ、、ぉ、、ぇ、、」

あたしはグローブをグリグリと押しこまれ、首をふり返すこともできずに、マウスピースを口からはみ出しつづける。

さくら「さすがにもうダメかな??これでKOしてあげますね!」

そういうと、さくらちゃんは私のフトコロに入り込み、アッパーをアゴに炸裂させた。

ナツ「ぶはぁぁぁ!!!」

あたしは真っ白なマウスピースを射精するかのように勢いよく吐き出し、それはリング外に唾液を撒き散らせながら落ちていった。

ナツ「あぶ、、ぶっは、、、」

ガラクタ人形のようにロープにぶつかりながらダウン。ボクサーとして屈辱的なダウンだ、、、

サキ「な、、ナツぅぅ!!!、、、マウスピース、、、吐きっぷりが、、、エロすぎるよぉ!」

サキはあたしのヤラレっぷりに大興奮の様子。
つくづく変態だねあなたは、、、

さくら「さてー!カウントするまでもないでしょ?ナツさん!あたしどう?この店やっていけるかなあ??」

顔が腫れまくって返事ができない、、、
てか入る気あったんかい、、、
道場やぶりかなんかかと思ったよ。

サキ「さくらちゃん!ぜひよろしくね♪ドMなお客さんしか相手にできないかもだねー!」

さくら「サキさんありがとうございます♡でもあたしパンチもらっても平気ですよ??今度はMな姿もおみせしちゃいます♡」

そのときのS役は是非あたしに、、、

言いたかったけど言えずに、そのままリングに放置された。


END

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。